冬用サイクルグローブはこれで十分!〜普段使いに高いグローブは必要ない?!

 

冬の寒い時期のライドは、手指が冷えてブレーキやギアチェンジの操作が難しくなります。

とくに手や指が凍えてブレーキ操作に支障をきたすと怪我や命の危険にもつながります。

だから冬のライドには、防風防寒の手袋は必須です。

 

私は、手や脚の先がすぐに冷えてしまう体質なので、手袋の防風防寒にはかなり神経を使っています。

ロードバイクに乗り始めて、サイクルグローブはかなりのものを試しては買い替えてきています。

その経験から、私が使っているサイクルグローブを含め、ポイントとおすすめをご紹介します。

 

よすけ
ちなみに、私は、今は高級なグローブは使っていません。
  • 冬のライドで暖かいサイクルグローブを探している方
  • すぐに指先が冷えて感覚がなくなるので困っている方
  • なかなか良い防風防寒グローブに出会えていない方

ご参考に最後まで読んでみてくださいね。

ただし、つけ心地や寒さの感覚は人によってそれぞれ違いますので、あくまで私の個人的な感覚や意見であることは十分ご理解くださいね。

また、レースなどの用途ではなく、あくまで趣味でサイクリングを楽しむレベルでのご紹介です。

 

 

冬用サイクルグローブの条件

冬用のサイクルグローブの絶対条件は、手や指を寒さから守ってくれること。

これが必須であることは言うまでもないですね(笑)

というか、これがなければ冬にグローブをつける意味がないと言っていいほどです。

冬用のサイクルグローブを選ぶ際のポイントとして、どんな条件が必要か整理しました。

 

防寒・防風性能

防寒と防風機能は一番こだわりたいところ。

防寒性能と言ってもただ暖かくするだけではだめ。

ブレーキやギアチェンジなどの操作に支障が出るような極厚のグローブはNG

とは言え、防風機能だけのペラペラなグローブでは指先がどんどん冷たくなってしまい耐えられなくなることも。

厳しい寒さの時季には、防寒も防風も兼ね備えた厚手のグローブが欲しくなります。

内側は裏起毛だったり中綿素材を確認して、操作性を犠牲にしない程度に比較的厚手のものを選ぶのが良いです。

外の素材は、防風機能が備わっていることが条件。

 

また、ハンドルやブレーキの操作性を上げるために、手のひら側の素材や加工が、滑りにくいものになっていることも必要です。

そしてもう一つ、手首が隠れるものの方がベターです。

手首の付け根から腕にかけてしっかりと覆うようになっているのが良いです。

 

防水機能に関しては、雨や雪でライドすることを想定するなら必要です。

私の場合は、雨や雪でのライドは想定していないので、あれば良い程度の条件で選んでいます。

 

通気性

暖かく厚手のグローブであっても、サイクルグローブの通気性は大切なポイントです。

朝は寒く日中は暖かくなるときやヒルクライムなどの強度の高いライドをするときは要注意。

グローブの中がムレて、汗で濡れてしまったりすることも。

こうなると、休憩などでグローブを外してから再度グローブをはめようとして冷たくて難儀するなんてこともあります。

グローブをつけていても、汗冷えしてしまうことも。

 

クッション性

厚手のグローブであれば、薄手のグローブよりは気にしない人も多いかもしれませんね。

でも、ハンドルに伝わってくる振動や衝撃は、けっこう手に負担をかけています。

手のひらに配置されるゲルパッドなどのクッションは、この負担を軽減する効果を高めてくれます。

ロングライドやグラベルライドなどでは、チェックポイントになるでしょう。

 

柔らかさ

防寒・防風・防水機能のグローブの素材が革だったり、人工皮革だったり、すこし硬めの素材でできているときは要注意です。

グローブが手に慣れるまでの間、ハンドルを握るのにグッと力をいれないといけないようなものはストレスを感じます。

軽くハンドルを握って、自然にブレーキなどの操作に違和感がない程度の柔らかさが欲しいですね。

 

サイズ感

これは冬用のグローブに限ったことではないかもしれませんが、大きすぎるグローブは禁物。

グローブの中で手が滑ったり、衝撃がうまく吸収されなかったりします。

フルフィンガーの場合、指が余ってしまうのも操作性に支障をきたします。

逆に小さすぎると締めつけ感が強すぎたり、指先が痛くなったり、ストレスになります。

自分の手のサイズに合った適切なサイズを選ぶのはとても重要なポイントです。

 

タッチパネル対応

スマホやサイコンの操作で、いちいち手袋を外したりはめたりするのはできるだけ避けたいですよね。

とくにロングライド中は、ナビゲーションや表示切り替えも意外と頻度が高かったりします。

コレができないとライド中のストレスはかなり高くなる。

気持ちよくライドするためには、この機能は必須ですね。

今回ご紹介しているグローブはすべてタッチパネル対応です。

 

 

 

冬用グローブの値段

ここで実際にいざ冬用グローブを購入しようと選ぶ段階で困ったことがおきます。

冬用グローブの条件を満たすものを厳しく選べば選ぶほど、どうしても値段もどんどん高くなっていきます。

かといって安物を買って、ちっとも暖かくなくて安物買いの銭失いにはなりたくないですよね。

 

では値段の幅はどれくらいあるのか。

アマゾンの実売価格で調べてみました。

もちろん自転車用グローブとしての機能を備えている条件での値段。

極端に高いものは除き、高目もので2万円、安いと1,500円台くらいまでの幅があります。

 

かなりの幅がありますよね。

いったいどれくらいの値段のものを買えば満足できるのか・・・

シマノやパールイズミなど、サイクルスポーツに強みをもった自転車関連メーカーのグローブは、4〜5千円台が多いようです。

お金に余裕のある方は、これくらいの値段のグローブを買っておけば間違いはないでしょう。

 

しかし、私としては、できるだけお金をかけないで十分機能的なグローブを手に入れたい。

コスパに優れたリーズナブルな冬用グローブはないものか。

いろんなものを買っては後悔し、買い換えてきました。

 

そして私の出した結論。

コスパの良い冬用手袋はちゃんと存在します!

 

以下で私のおすすめする冬用グローブをご紹介します。

 

よすけ
私の場合は、むしろ安めのグローブのほうが満足できるものでした。

 

 

おすすめの冬用サイクルグローブ3選+1+1

ということで、今私が使っているグローブからご紹介します。

それがこちら。

値段は通常価格で2,980円。タイムセールなどでは2千円切る値段になります。

通勤通学や普段のライドでもほとんどこのグローブを使うことが多いです。

特徴は、とにかく柔らかくてつけ心地が抜群に良い!

この柔らかさが一番のお気に入りです。

あまりにもつけ心地が良いので、すぐに追加でもう一つ買ってしまいました。

値段が安いとこういう2つ持ちが気軽にできるのが良いですね〜。

 

防風・防寒は満足できるレベル。

防水は、雨の日には使わないのではっきりしたことは言えませんが、あまり期待できないかな。

適温の表記はありませんが、昨年の冬はこの2つ以外のグローブはほとんど使っていません。

ロングライドになると、多少指先が冷えてくることはありますが、寒がりな私でも問題ないレベル。

東京の冬でしたら問題ないようです。

 

手のひらには滑りにくいゴム加工が施してあり、ハンドル操作、ブレーキ操作、ギアチェンジも柔らかさも手伝ってストレスは全くなしです。

衝撃吸収の素材はついていませんが、それなりに厚手なので私は不満はありません。

耐久性は値段なりですが、買い直すのに躊躇するような値段ではありません。

私の一押しのグローブです。

 

次は今シーズンに入って使い出したグローブです。

手の甲の素材が上のSIMARIのグローブに似ていて柔らかいです。

防風・防寒は今の所問題なし

 

ただし、手のひらは人工皮革のような素材を使っており少々硬め。使い慣れて柔らかくなれば問題はないとは思いますが、ハンドルをしっかり握ろうとするとちょっとギュッと力を入れる必要があります。

ご覧の通り、サイクリング用の手袋なので、しっかりと手のひらにパッドが入っています。

SIMARIの手袋はパッドがついてなかったので、サイクリング専用に追加購入したのがこのSouke Sportsのグローブなのですが、パッドがあるなしは、私の場合は、ライド中のつけ心地にあまり大きな差は感じませんでした。

私が鈍感だけなのかもしれません(笑)

 

操作性もよく、暖かくで使い心地はとても良く、気に入っています。

適温表記は5℃〜10℃となっています。

耐久性は、今シーズン使い倒してみて検証していきます。

 

ここからは、機能面で十分なレベルを満たしており、自転車用品メーカーでおすすめできる手袋を2つだけ紹介します。

 

ます1つ目。

シマノの2021年の型落ちモデル。

値段はサイズや色によって変わりますが、シマノにしては安めに手に入るグローブです。

やはり自転車メーカーなので作りがとても良いです。

かなり厚めの手袋ですが、ハンドルの握りやブレーキなど操作感が良いのも魅力。

防風・防寒性もかなり暖かいです。

ただし、通気性が少し悪く、汗っかきの私が使うとグローブの中がビショビショになってしまいます。

その点が唯一の懸念点でしょうか。

 

次はパールイズミのグローブ。こちらは値段的に言って「+1」としての扱い。

こちらは購入して使ったことはないのですが、かなり評判の良いグローブです。

指先が冷えるというレビューもありますが、サイズや個人的な感覚もあると思いますので、想定している気温などから選ぶべきでしょう。

気温が5℃前後なら寒くないのではと思います。

問題は値段が高い。7千円〜8千円のお値段。

使いやすそうで魅力的なんですが、冬用グローブにそこまでお金を使うかどうかは、個人の選択の問題ですが、今回の記事の主旨からとちょっとはずれたグローブかもしれませんね。

ただ、値段相応の優れたグローブという点で、多少お高めですがご紹介しました。

 

番外編として、グローブの汗冷え対策としてこちらも「+1」としてご紹介します。

created by Rinker
finetrack
¥3,630 (2023/02/08 18:31:36時点 Amazon調べ-詳細)

サイクル用というわけではなく、アウトドアで利用できるインナーグローブです。

手にかいた汗をインナーの外に出したり、手袋が濡れていても直接肌に水分が触れず、脱着もしやすいドライレイヤーという発想から生まれた極薄インナーグローブです。

スキーをするときに、汗っかきの私は手袋の中が汗でビショビショになるので使っていたのですが、汗冷えせず暖かさを保ってくれるのでとても重宝していました。

ロードバイクでのライドでも、日中汗を書きそうなときはつけることがあります。

とにかくグローブの中でムレても、手はサラッとした間隔を保てるので、一つもっておくとよいアイテムです。

 

 

 

まとめ

ということで、冬用グローブについて、私が使っているグローブなどをご紹介してみました。

一言で冬用サイクルグローブといっても、使用する季節や気温などの条件で、求める性能に差が出てくるのも事実です。

今回ご紹介したグローブは主に関東の雪の降らない冬の使用を前提としていますので、ご自分の使用する環境に合わせて条件を考えて選ぶことも必要になると思います。

自分のライドスタイルや用途に合わせて、最適なグローブが見つけて冬のサイクルライフを楽しんでくださいね!

 

 

 

グローブ探し、こちらにも掘り出し物があるかもしれませんよ↓

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!